『東京の人間が知らない美味い酒』がテーマ。


「東京の人間が知らない美味い酒」をテーマに厳選して芋3種類、麦1種類を取り揃えています。魔王、伊佐美、森伊蔵一切置いておりません。

 

さつま寿(芋:鹿児島)

環境庁の「名水百選」国土交通省の「水の百選」にも選ばれた水の豊かな土地で、地元・南九州市で栽培されるさつま芋を使い社長兼杜氏の”尾込宣希”氏(現在三代目)が、蔵の規模を大きくすることもなく

大量生産することもなく芋焼酎を変わることない製法で造っています。

他の多くの蔵元に目標とされている焼酎蔵で町内から県外へ出ない地酒焼酎としても有名。

特徴:白麹使用、独特の甘い香りとコクが強烈な印象です。…が、初めて芋焼酎を飲む方でも抵抗なく飲めるぐらいにまろやかな口当たりに仕上がってます。

ふわりと香る芋の甘いやさしい香り。重厚な芋の存在感をしっかりと感じつつも、上品な味わいにまとまっていて ロックにするとキビっとした旨みと切れのある味わい。

お湯割りにすると反対にホッコリとした柔らかさが前面に出てきて、思わずため息をついてしまうやさしい喉越しです。

 

純黒 かめ仕込み(芋:鹿児島)

指宿枕崎最南端の蔵元

現在かめ仕込みの焼酎は数多く存在しますが、1次仕込みのみをカメで仕込み2次仕込みはホーロータンクで仕込むというものが多い中、ここの蔵元では1次仕込みから2次仕込みに至るまで全てカメ仕込みという徹底したこだわりの『かめ仕込み』焼酎です。二次仕込みもカメつぼ仕込みということは、量産ができません。

つまりとても貴重な焼酎なのです。昔ながらの製法で手をかけて大量生産はせず地道に焼酎と向き合う姿(style)に共感してこの度ご提供しております。

*かめ仕込みにてしばらく寝かせることで焼酎は非常に滑らかになります。

特徴:1次・2次ともに、手間隙かけたカメ仕込みの限定銘柄です。

香ばしく、まろやかな舌触りとコクのある広がりで、奥深い味わいとともに旨みを引き出しています!

ロック、お湯割でも口当たりが良い。

 

白麹 旭萬年(芋:宮崎)

渡邊酒造場は、原料芋の栽培から

蒸留・瓶詰めまで、蔵人だけで行っている、

宮崎県宮崎市の焼酎蔵です。

兄弟で営まれている非常に小さい蔵元で生産量が少なく、なかなか手に入らない焼酎です。

酒の卸元が7年通ってやっと入荷にまでこぎつけた超レアな焼酎です。

特徴:優しい口当たり 白麹ならではの、ふくよかな甘みとコク。ボディがありながらも、じっくりと腰を落ち着けて飲める調和した風味。

 

一粒の麦(麦:鹿児島)

富乃宝山、吉兆宝山などで有名な芋焼酎を手がける蔵元が作る麦焼酎です。芋焼酎が圧倒的な鹿児島であえて麦焼酎を造っています。。

特徴:口当たりが麦の味がする風味が効いた酒。い◯◯こ、二◯堂などはアルコールの風味だけですがこの焼酎には麦の風味があります。大分の麦焼酎とはひと味違う、芋焼酎蔵ならではの深みのある味わい。

立ち香は軽快でシャープな印象、ベースに麦の香ばしさが感じられ、しかも芋に肩を並べるほどの濃厚で円いコクと旨味、柔らかい含み味を引き出した絶品です。

上品で軽快な香りと飲み応え十分の芳醇な味わいは、麦焼酎の魅力を存分に詰め込んだ一本です。